愛のてすり



とても器用なご主人が

奥さまのために てすりを自作されています。

ふつうなら取り付けられないような壁の段差は

きれいな木片でカバー。

大工さんに感心されたほどの仕上がりです。

手が入りやすいようにと 壁とのすきまもたっぷりあって、

使い勝手がすばらしい。


この 出っ張ったてすり。

引っかかりそう、と思いますが

奥さまの動線を考えてのこと。

この出っ張りのおかげで

お風呂への廊下も スムーズに移動できています。

いつも思うのです。

ご家族って、「プロ」 だなあ と。


null

わたしたちでは思いつけないような 工夫、

ちょっとした気配りが どのお家にも満載 です。

ご家族が その方の一番の プロ!

そして わたしたちは

その生活を支えられる プロ でありたい、 と思います。